2017年考试小班课程:开启全新学习体验!

日本小说:《白夜行》白夜的尽头134

信息来源:网络  发布时间:2018-02-10
摘  要:

日本小说:《白夜行》白夜的尽头134。笹垣就着花生喝起第二瓶啤酒,弥生子也陪他共饮。一时间,两人默默无言。弥生子回想起当时的情形…

关键字:

日本小说《白夜行》,日本小说

  《白夜行》是日本作家东野圭吾的代表作,故事围绕着一对有着不同寻常情愫的小学生展开。小说将无望却坚守的凄凉爱情和执著而缜密的冷静推理完美结合,被众多东饭视作东野圭吾作品中的无冕之王,被称为东野笔下最绝望的念想、最悲恸的守望,出版之后引起巨大轰动。本文为日本小说:《白夜行》白夜的尽头134。

  「 掛け金錠?」口に出していってから、弥生子は大きく頷いた。「そうや。そういうたら、階段の戸にそんな錠がついてた。さすがは刑事さんや。よう覚えてはるわ」

  “加挂的锁?”话说出口后,弥生子才用力点头,“不错,听你这么一说,我想起楼梯的门上的确加挂了一道锁。不愧是警察,记得这么清楚。”

  「どうやねん。あの時、亮司君は二階におったんやろ。けど、あんたと松浦の関係をごまかすために、あの子も一緒におったことにした。そういうことやろ?」

  “怎么样?那时亮司在二楼吧?但是,为了隐瞒你跟松浦的关系,你们决定对外宣称他和你们在一起。是不是这样?”

  「そう思いたいんやったら、それでかまいませんよ。あたしは何ともよういいません」弥生子は短くなった煙草を灰皿の中でもみ消した。「ビール、もう一本開けましょか?」

  “你要这么想就随你吧,我什么都不会说的。”弥生子在烟灰缸里摁熄烟蒂,“再开一瓶吗?”

  「ああ、もらおか」

  “好,开吧。”

  新しく開けたビールを、笹垣はピーナッツをつまみながら飲んだ。弥生子も付き合った。しばらく二人は無言だった。再びあの時のことを弥生子は思い出していた。笹垣のいうとおりだった。事件が起きた頃、彼女は松浦と情事にふけっていた。亮司は二階だ。階段の戸には錠をかけてあった。

  笹垣就着花生喝起第二瓶啤酒,弥生子也陪他共饮。一时间,两人默默无言。弥生子回想起当时的情形。一切正如笹垣所说,命案发生时,她与松浦好事方酣,亮司在二楼,楼梯的门上了锁。

  だが、警察からアリバイを訊かれた場合には、亮司も一緒にいたことにしようと提案したのは松浦だった。そのほうが妙に勘ぐられなくて済むというのだった。相談の結果、弥生子と亮司はその時間テレビを見ていたことにした。少年向けのSFドラマだ。番組の内容は、当時亮司が購読していた少年雑誌に、かなり詳しく紹介してあった。それを弥生子と亮司は読んで覚えた。

  但是——当警察问起不在场证明时,最好说亮司也在一起——这是松浦提议的,这样警察才不会胡乱猜测。商量的结果,决定说那时弥生子和亮司在看电视,看的是一出锁定男孩观众的科幻剧。节目内容在当时亮司订阅的少年杂志里有相当详细的介绍,弥生子和亮司看杂志记住了节目的内容。

  「ミヤザキ、どうなるやろな」笹垣がぽつりといった。

  “宫崎不知道会怎么样。”笹垣突然冒出一句。

  「ミヤザキ?」

  “宫崎?”

  「宮崎勤や」

  “宫崎勤。”

  「ああ」弥生子は長い髪をかきあげた。抜け毛が手についた感触があったので見ると、白髪が中指にからみついていた。笹垣に気づかれぬよう足元に落とした。「死刑でしょ、あんなもん」

  “哦。”弥生子拨动长发,感觉手上缠着落发,一看原来是白发缠在中指上。她悄悄让头发掉落在地上,不让笹垣发现。“死刑吧,那种坏蛋。”

  「何日か前の新聞に、公判のことが載っとったな。事件の三か月前に慕ってた爺さんが死んで、心の支えを失った、とかいうとるらしい」

  “几天前的报纸上报道了公开判决的结果。好像是说犯案前三个月,他敬爱的爷爷死了,失去了心灵支柱什么的。”

  「しょうむない。そんなことで人殺しをされたらかなわんわ」弥生子は新しい煙草に火をつけた。

  “那算什么,要是每个人这样就要去杀人,那还得了?”弥生子又点起一根烟。

  八八年から八九年にかけて埼玉と東京の幼女四人が次々と殺害された、いわゆる「連続幼女誘拐殺人事件」の裁判が行われていることは、弥生子もニュースなどで知っている。精神鑑定の結果を巡って弁護側が反論しているらしいが、幼い女の子を狙ったということについては、彼女はさほど異常性は感じなかった。そういう歪んだ本能を持つ男が決して少なくないということを彼女は知っていた。

  一九八八年至一九八九年间,琦玉和东京接连有四名幼女遇害。弥生子看新闻得知这桩“连续诱拐幼女命案”正在审理中。辩方凭精神鉴定的结果提出反证,但对于专挑幼女下手的心态,她并不感到诧异。她早就知道具有这种变态心理的男子不在少数。

  「あの話、もうちょっと早よ聞いてたらな」笹垣が呟いた。

  “如果能早点知道那件事就好了。”笹垣低声说。

  「あの話?」

  “哪件?”

  「おたくの旦那の趣味の話や」

  “你老公的兴趣。”

  以上就是日本小说:《白夜行》白夜的尽头134的具体内容,希望大家能够关注,如果你想了解更多日语学习资讯,可以继续关注日语考试官网,或者咨询010-5795-2000。

百利小侃(托福 SAT ACT),留学考试百事通!随时在线答疑,咨询出国留学、出国考试全方位解答,更有免费托福模考评分+讲解,免费微课!微信号:bailiedu2015,快快添加吧! 百利天下考试
分享到:

上一篇:日本小说:《白夜行》白夜的尽头133

下一篇:最后一页

  • 北京
  • 成都
  • 大连
  • 合肥
  • 西安
  • 武汉
  • 南京
  • 广州
  • 天津
010-5795-2000

北京总公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:北京市海淀区中关村丹棱街3号 中国电子大厦B座15层

成都分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:四川省成都市锦江区红星路三段一号 IFS国际金融中心二号办公楼18层1811

大连分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:大连沙河口区黄河路620号现代服务业总部大厦19层 C2D1

合肥分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:安徽省合肥市蜀山区长江西路189号之心城写字楼环球中心A座17层1703

西安分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:陕西省西安市碑林区南关正街88号长安国际中心A座10层1001

武汉分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:武汉市洪山区珞瑜路10号群光二期写字楼34层01-10号
选址中
选址中
选址中

版权所有:北京环球百利教育科技有限公司

Copyright @ 2004-2017 Bailitop Education. All Right Reserved 备案许可证号:京ICP备11003081号 | 京公网安备11010802010640