日语能力考真题

2016年7月日语能力考一级真题阅读部分问题10

信息来源:网络  发布时间:2018-01-06
摘  要:

本文为大家带来的是2016年7月日语能力考一级真题阅读部分问题10,每道题目后面有详尽的解析,帮助同学们查漏补缺!

关键字:

2016年7月日语能力考一级真题阅读,日语能力考一级真题

  2016年7月日语能力考一级真题阅读部分问题10。考生们在日语备考中都会看大量资料,做大量习题来提高日语水平,可是在能力考前还是不能确定自己的掌握情况,那就让往年一级真题来帮你检测一下吧!

  問題10 次の文章を読んで、後の問いに対する答えとして最もよいものを、1・2・3・4から一つ選びなさい。

  視覚や聴覚などの情報処理においては、脳の働きの個人差は比較的少ない。丸いものを提示すれば、脳はそれを丸いものとして認識する。丸いものを提示した時に、それを「丸」と認識する人と「三角」と認識する人が相半ばする(注1)ということはあり得ない。同様に、あるピッチの音を聴いた時に、その情報処理に個人差はあまり見られない。

  その一方で、ある事象に対する感情の反応においては、個人によるばらつきが大きくなるのが通例(注2)である。同じものを前にしても、全ての人がそれを好きだと感じたり、逆に全ての人がそれを嫌いだと思うとは限らない。ある人が好きだと感じるものを、別の人が嫌いだと思うのはごく普通のことである。感情においては、脳の反応に大きな個人差が見られるのである。

  そもそも、感情の働きとは何であろうか?ひと昔前には、感情とはある特定の刺激に対する類型的な(注3)反応であると考えられてきた。大脳新皮質(注4)が担っている理性の働きが環境の変化に応じて柔軟な情報処理を行うのに対して、「爬虫類の脳」とも呼ばれる古い脳の部位が重要な役割を担う感情は、一定の決まり切った反応をするものと思われていたのである。

  しかし、近年の脳科学の発達により、感情は、むしろ生きる上で避けることのできない不確実性に対する適応戦略であることが明らかになってきた。理性では割り切れない、結果がどうなるかわからないような生の状況において、それでも判断し、決断することを支えるための情報処理のメカニズムとして、感情は存在していると考えられるに至ったのである。

  (中略)

  感情が不確実性に対する適応であると考えると、その反応において個人差が生じるのは自然なことである。

  不確実な状況の下では、とるべき選択肢の「正解」は一つとは限らないからである。

  さまざまな人々が異なる戦略をとり、全体としてバラエティが増したほうが、人間という生物種全体としては、むしろ適応的である。生死にかかわるような状況においては、たとえ、ある選択をした人が不幸にして死んでしまったとしても、別の選択をした人が生きのびれば生物種としては存続できるからである。全体が同じ選択肢を選んでしまっては、環境の変化や予想のできない事態に対して脆弱になって(注5)しまう。

  他人が異なる感情の反応を見せることを許容することの倫理的基礎は、まさにこの点にある。他人が自分と異なる感情の中にあることに反発するのは自然な心の動きであるが、とらわれて(注6)はいけない。自他の差異に対して許容的であることが、すぐれて生命哲学上の原理にかなっているのである。

  (茂木健一郎「疾走する精神」による)

  (注1)相半ばする:同じくらいである

  (注2)通例:一般的

  (注3)類型的な:型どおりの

  (注4)大脳新皮質:脳の一部分

  (注5)脆弱になる:もろくて弱くなる

  (注6)とらわれる:ここでは、ある考えに縛られる

  59知覚の情報処理と感情の反応について、筆者はどのように述べているか。

  1いずれも大きな個人差が見られる。

  2いずれも個人差はあまり見られない。

  3知覚の情報処理のほうが大きな個人差が見られる。

  4感情の反応のほうが大きな個人差が見られる。

  正解:4

  解析:关于知觉的信息处理和感情的反应,作者是如何描述的。

  文中第一段提到,视觉、听觉等信息处理,大脑的"个人差"极小。看到是"圆",几乎不会有人认为看到的是"三角",听到某个声音,也几乎不会有人听错。但对某件事情的感觉反应却是天差地別,同一个东西,有人非常喜欢,也会有人非常讨厌。

  因此,符合题意的就是选项4:感情的反应上有扱大的个人差別。

  60近年、感情の働きはどのようなものだと考えられるようになったか。

  1避けられない状況を受け入れるためのもの

  2避けられない状況において、理性を保つためのもの

  3不確実な状況において、判断して決断するためのもの

  4不確実な状況において、正解を求めるためのもの

  正解:3

  解析:近些年,关于"情感的波动"出现了什么新认识。

  本题主要集中在第三段和第四段。第三段主要讲,过去人们认为,感情是一种特定刺激下的反应。具体来说,大脑有理性,是根据周围环境处理信息,也有感性,是原始的,远古时期留存下的东西。

  而现在随着科技进步,人类逐渐发现,感情是为了应对人类环境中的"不确定性"而存在的。因此选项3是对的:在不确定的情况下,为了判断(环境)而存在的。

  61個人差が生じることがどのようなことにつながるか。

  1人間という生物種の存続

  2人間と他の生物種との共存

  3生死にかかわるような事態の減少

  4環境の変化に対応できる生物種の増加

  正解:1

  解析:这种"个人差"是与什么相连的?

  内容集中在第六段。第六段是出说"人各有別"的情况,对人类整体而言是适合的。在事关生死的场合,有人的选择会导致死,但也有人的选择会导致生。如果全体人类都出了同样的选择,那么会对环境的变化或者突然事件变得很脆弱。因此符合题意的选项就是选项1:人类这种生物的存续。

  62筆者の考えに合うのはどれか。

  1人々が生きていくためには、感情の個人差を敏感に察知すべきだ。

  2人々が生きていく上では、感情の反応の個人差を受け入れたほうがいい。

  3感情の反応に個人差があることこそが、人間であることのあかしである。

  4感情の反応に個人差があることは、人間を取り巻く環境の変化によるものである。

  正解:2

  解析:与作者的思考一致的是什么。

  本文介绍了"情感"对人类的作用,情感为人类提供了面对不确定性时的多种选项可能性,作者对此持肯定态度。最后一段中更是呼吁大家接受这种情感的不一致。

  因此符合作者思考的是选项2:从生存角度看,还是接纳情感反应的"个体差别"比较好。

  以上内容就是2016年7月日语能力考一级真题阅读部分问题10的相关内容,更多精彩真题请继续关注百利日语考试频道!

百利小侃(托福 SAT ACT),留学考试百事通!随时在线答疑,咨询出国留学、出国考试全方位解答,更有免费托福模考评分+讲解,免费微课!微信号:bailiedu2015,快快添加吧! 百利天下考试
分享到:
  • 北京
  • 成都
  • 大连
  • 合肥
  • 西安
  • 武汉
  • 南京
  • 广州
  • 天津
010-5795-2000

北京总公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:北京市海淀区中关村丹棱街3号 中国电子大厦B座15层

成都分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:四川省成都市锦江区红星路三段一号 IFS国际金融中心二号办公楼18层1811

大连分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:大连沙河口区黄河路620号现代服务业总部大厦19层 C2D1

合肥分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:安徽省合肥市蜀山区长江西路189号之心城写字楼环球中心A座17层1703

西安分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:陕西省西安市碑林区南关正街88号长安国际中心A座10层1001

武汉分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:武汉市洪山区珞瑜路10号群光二期写字楼34层01-10号
选址中
选址中
选址中

版权所有:北京环球百利教育科技有限公司

Copyright @ 2004-2018 Bailitop Education. All Right Reserved 备案许可证号:京ICP备11003081号 | 京公网安备11010802010640