50 G日语学习资料 历年能力考真题 免费下载!

2016年12月日语能力考二级真题阅读部分问题13

信息来源:网络  发布时间:2017-12-27
摘  要:

本文为大家带来的是2016年12月日语能力考二级真题阅读部分问题13,每道题目后面有详尽的解析,帮助同学们查漏补缺!

关键字:

2016年12月日语能力考二级真题,日语能力考二级真题阅读部分

  2016年12月日语能力考二级真题阅读部分问题13。考生们在日语备考中都会看大量资料,做大量习题来提高日语水平,可是在能力考前还是不能确定自己的掌握情况,那就让往年二级真题来帮你检测一下吧!

  以下は、あるデザイナーの書いた文章である。

  私のアイディアのもとは、自分の生きてきた道の中にすべて詰まっているのだ、というふうに思っています。いままで生きてきた中で、感動したことを現代に持ち帰ってくる。過去の中で感動したことをコピーして、それをデザインしているのです。アイディアはいつも人から、時代からもらう。自分で考え出すことは少ないのです。

  私は、感動したときのシーンはよく覚えています。色も匂いも形も光も季節も、そのときの景色も、そのときその場に誰がいたかも、何を食べたかも、思い出の中に鮮明に刻み込まれています。感動すると、それくらい記憶装置が自動的に働いて、すべてを映し込んでいるのです。

  (中略)

  中学の頃のこと、高校のあのとき、社会人になったときのこと、妻と旅をしたときの情景などいろいろなシーンが思い出されて、それを遡って切り取りにいくわけです。

  けれどもそれが、もやーっとした(注1)ものだと切り取れない。なぜ、もやーっとするかと言えば、心の底から感動していないからです。しっかり感動していないと、持ち帰れないのです。

  感動は、自分の力だけでなく、親の力だったり、友だちの力だったり、ほかの人の力によってもつくられています。子どものときから大事に育てられたとか、自分を包んでくれる街がきちっと大人たちによって美しく保たれていたとか、そういう周囲の力でつくられている場合もあるわけです。

  そうした感動の思い出を大切に持ち帰ってきて、いまあるものとコラボレーションする(注2)と、新商品が生まれます。そういう意味では、まるっきりの(注3)新商品なんてあり得ません。アイディアはいつも、そんな過去の「感動の森」の中から探し出してくるものなのです。

  いい思い出がたくさんあるかどうか、いい人に会ったかどうか、美味しいものを食べたかどうか。そういうヒト・コト・モノとのよき思い出の引き出しをどれだけ持っているかによって、アイディアの湧き出る(注4)量は変わるのです。

  (水戸岡鋭治『あと1%だけ、やってみようー私の仕事哲学』による)

  (注1)もやーっとした:はっきりしない

  (注2)コラボレーションする:ここでは、組み合わせる

  (注3)まるっきりの:全くの

  (注4)湧き出る:ここでは、生まれてくる

  71 感動したことを現代に持ち帰ってくるとは、どのようなことか。

  1 感動したシーンを人に語る。

  2 感動した記憶をデザインに生かす。

  3 過去に流行したデザインをコピーする。

  4 人が感動したことからデザインのヒントをもらう。

  正解:2

  解析:题目是什么是把感动带回现代?

  这题的关键是划线处后面紧跟的一句「過去の中で感動したことをコピーして、それをデザインしているのです。」,句末的「のです」有解释说明的语法作用,这一句其实就是对「感動したことを現代に持ち帰ってくる」的解释。这句话的意思是“把过去感动的事情复制下来,用它来设计”。符合句意的是选项2“把受到感动的记忆运用到设计中去”。

  72 感動について、筆者の考えに合うのはどれか。

  1 感動は周囲の力でしかつくられない。

  2 感動したことは年を取るにつれて思い出せなくなる。

  3 周囲の力でつくられた感動は記憶に残りやすい。

  4 心の底から感動したことは鮮明な思い出となる。

  正解:4

  解析:题目是关于感动,与作者意见一致的是哪一项?

  选项1“感动只能通过周围的力量去制造”。第四段开头讲“除了自己的力量以外,父母、朋友和他人的力量也能产生出感动”。所以感动是既能由自己,也能由他人创造的。选项1排除。

  选项2“随着年纪的增长,曾经感动的事情渐渐就想不起来了”。文章整体并没有提到年纪增长就会想不起曾经的感动。有一定相关性的描述在第三段「なぜ、もやーっとするかといえば、心の底から感動していないからです」。这句话指出,关于感动的记忆模糊是因为并不是真的从心底感到感动,与年纪增长没有关系。因此选项2排除。

  选项3“周围人创造的感动容易留在记忆中”。文章只提到了感动也可以由周围的人来创造,并没有说周围人创造的感动容易令人印象深刻。选项3排除。

  选项4“从心底感到感动的事情会成为鲜明的回忆”。如文章第三段所言,没有真正从心底感动,就不会清楚记得当时让自己感动的事情。反之,只有真正从心底受到感动,才会对当时的事情记忆深刻。

  73 アイディアについて、筆者はどのように考えているか。

  1 記憶が強いほど、アイデアが生まれやすくなる。

  2 他人の力を上手に利用することで、アイディアが商品につながる。

  3 感動した思い出が豊富であるほど、多くのアイディアが生まれる。

  4 感動をヒト・コト・モノに分けて考えると、いいアイディアが生まれる。

  正解:3

  解析:题目是有关创意,作者是如何思考的。

  选项1“记忆力越强,就越容易产生创意”。文章最后一段是解题关键。最后一段讲,是否有许多美好的回忆,是否遇见过很好的人,是否吃过什么美食,类似这种人、事、物的回忆决定了创意的数量。所以创意产生的关键是是否拥有美好的回忆,而不是记忆力强不强。选项1排除。

  选项2“通过巧妙运用他人的力量,能把创意发展成商品”。通过文章倒数第二段的第一句。我们能了解到商品是过去的感动与现实中存在的东西结合而来的。这一段最后一句又说,创意是从过去的感动源泉中得来的。因此创意成为商品需要的首要条件是拥有关于感动的记忆。但感动不是运用他人力量得到的,而是他人或自己创造出来的。选项2排除。

  选项3“感动的记忆越是丰富,产生的创意就越多”。文章最后一段最后一句说,是否有许多美好的回忆,是否遇见过很好的人,是否吃过什么美食,类似这种人、事、物的回忆决定了创意的数量。因此选项3符合文意。

  选项4“把感动划分为人、事、物来思考,就能想出很好的创意”。文章中没有能体现这句话的地方,选项4排除。

  以上内容就是2016年12月日语能力考二级真题阅读部分问题13的相关内容,更多精彩真题请继续关注百利日语考试频道!

百利天下考试
分享到:
  • 北京
  • 成都
  • 大连
  • 合肥
  • 西安
  • 武汉
010-5795-2000

北京总公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:北京市海淀区中关村丹棱街3号 中国电子大厦B座15层

成都分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:四川省成都市锦江区红星路三段一号 IFS国际金融中心二号办公楼18层1811

大连分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:大连沙河口区黄河路620号现代服务业总部大厦19层 C2D1

合肥分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:安徽省合肥市蜀山区长江西路189号之心城写字楼环球中心A座17层1703

西安分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:陕西省西安市碑林区南关正街88号长安国际中心A座10层1001

武汉分公司

全国统一咨询热线:010-5795-2000 工作时间:周一至周日(8:30-21:30) 地址:武汉市洪山区珞瑜路10号群光二期写字楼34层01-10号

版权所有:北京环球百利教育科技有限公司

Copyright @ 2004- Bailitop Education. All Right Reserved 备案许可证号:京ICP备11003081号 | 京公网安备11010802010640